ヒロインの癖が強い!?「今日の授業は恋愛です!」のキャラクターを大解剖!

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

みんなは恋愛してるかな?
私はしてません。
よってこの話はここで終わりです。

いや、本当にここで終わってしまったらブログを書く意味がないので、仕方なく続けます。
きららでラブコメは星の数ほどありますが、
今、異彩を放つ百合ラブコメのコミックスが出ようとしています。
そう、それが「今日の授業は恋愛です!」なのです。

f:id:mosa0019:20211010101655j:plain

内容は追って説明しますが、今回は表紙に載っているこの五人の女の子について詳しく紹介していこうと思います。
楽しんで頂けたら幸いです。

それでは、行ってみましょう。

0.基本情報

それではまずは基本情報から行きましょう。
「今日の授業は恋愛です!」は、まんがタイムきららMAXにて2020年12月号〜2021年2月号までゲスト掲載され、2021年3月号から連載となり、現在も好評連載中である。

f:id:mosa0019:20211010115005j:plain

それでは話の内容がどんな感じなのか、コミックス1巻のあらすじを引用して説明しましょう。

少子高齢化対策として、国が恋愛推進してから数十年、日本は恋愛をして当たり前の世の中になり高校では新たに『恋愛科』が設立された。
ひょんなことから名門校・百合園女学院の恋愛科に通うことになった主人公・右京さがりは、
4人の女の子とカップルになり、恋愛科のトップを目指すことにー!?

上記の通り、「今日の授業は恋愛です!」は恋愛科という何だか聞きなれない学科に入ってしまった主人公が4人とカップルになるお話である。

ところでこれは余談ですが、恋愛科と聞いて恋愛専科を思い出した人は僕と友達です。握手しましょう。

①顔の良いイキリ優等生・右京さがり

それではここからは順番に五人の女の子について紹介していきましょう。
まずは主人公の右京さがりちゃんです。

f:id:mosa0019:20211010115727j:plain

さがりちゃん、作中でも度々言及されていますが、とにかく顔が良いです。
何だろう、中性的って言うんですかね?王子様っぽいルックスなので、とにかくめちゃくちゃ女生徒に人気があります。

f:id:mosa0019:20211010115942j:plain

その他にさがりちゃんを語る上で欠かせないのがその「イキリっぷり」です。
これはわざとやってるのか素でやってるのか判断に困るのですが、さがりちゃんは頭がとても良く、運動神経も割と良い方なので、とにかく自信にあふれています。それが結果として「イキリ」に現れてしまっているようです。まぁ、これも更に結果として女の子をキュン・・・!とさせてしまっているので罪深いですね。

あらすじにも書いてありますが、さがりちゃんの目的は恋愛科のトップになることです。
恋愛科のトップって何だよ、と思われるかもしれませんが、ちゃんとどうすればトップになれるかは作中で説明されています。優しいね。
それはともかく、さがりちゃん、筆記はともかく、実技は悪戦苦闘の毎日です。しかしそこはさがりちゃん、持ち前の顔の良さと能力の高さを生かして最終的になんとか乗り切っていきます。強いぞさがりちゃん。
果たしてさがりちゃんは無事に恋愛科のトップになれるのでしょうか?楽しみですね。

もう一つ気になる点は、4人の女の子との恋の行方です。そもそも5人カップルって何だよ、4股か?と思うかもしれませんが、これも作中でも度々「5人カップルって何だよ・・・?」と言われているので、いきなり分からなくても大丈夫です。安心だね。
それはさておき、現時点ではさがりちゃんはまだ誰ともそこまで良い感じにはなっていません。他の4人はかなりがっついてますが・・・と、言う訳で、しばらくは4人とは付かず離れずの関係が続くと思います。ラブコメですからね。その微妙な距離感を楽しみましょう。

②高飛車ツンデレお嬢様・久世なとせ

二人目はツンデレなお嬢様、久世なとせちゃんです。

f:id:mosa0019:20211010121958j:plain

さがりちゃんとはまた違った種類のオーラがありますね。

f:id:mosa0019:20211010122056j:plain

お嬢様なので上から目線はデフォ。

久世なとせはお嬢様です。具体的に親が何をやっているのかは本編を確認して頂きたいですが、そんな訳で「5人カップルとか何やってるん?」と言われてしまいます。それはそうだと思います。お嬢様関係なくそれはそう。
まぁそんな訳で、なとせはさがりと2人カップルになろうとする訳ですが(カップルって普通二人では?)、さがりにはやんわりと断られてしまいます。でも最終的に、なとせは5人カップルを継続することになります。何やかんやで、なとせはさがりに惚れてしまったんですね。そしていつか、さがりに自分を惚れさせるために―――

そんななとせちゃんですが、性格的にはツンツンしてる部分が多いですが、割とポンコツな部分もあり、言いたいことはハッキリ言うタイプでもあります。何だお前盛り沢山だな。
個人的に可愛いなと思う部分は、焦った時に出る「にゃっ!」という口癖ですね。噛んでいるのか?猫なのか?ギャップ萌えですね。

ヤンデレ風味の優しい女の子・相楽りっか

三人目は心優しき女の子、相楽りっかちゃんです。

f:id:mosa0019:20211010123501j:plain

五人の中で一番女の子らしいと思います。

f:id:mosa0019:20211010123534j:plain

ちょくちょくヤンデレ気味になるのは何なんですかね・・・?

りっかちゃんはとても優しい女の子です。他人を想い、涙を流せる女の子です。何だお前とても良い奴だな。その優しさゆえに悩み苦しむこともありますが、そこはほれ、さがりちゃんが何とかしてくれます。ホンマさがりちゃんはイケメンやでぇ。
りっかちゃんはさがりちゃんと最初に出会った女の子でした。そして一目惚れでした。うーんこれはまるで王子様とお姫様。しかし王子様の回りにはいつも沢山の女の子がいるのでした。しかしお姫様は諦めません。ずっと王子様を見つめ続けるのでした・・・いや、だからってヤンデレ風味になるのは止めろ。
あと、公式でりっかは「恋愛学の実技が苦手」となっていますが、そもそも大体の人はそんなもの苦手だと思います。大丈夫だりっか、強く生きろ。

④頑張り屋の飛び級チビッ子・丹波こみね

四人目は飛び級のチビッ子である丹波こみねちゃんです。

f:id:mosa0019:20211010164501j:plain

正確な身長は判明していませんが、大分小さい模様。さがりちゃんの顔一つ分は小さいので120〜130㎝くらいでしょうか?

f:id:mosa0019:20211010164544j:plain

その正体は、とても頑張り屋な女の子。

こみねちゃんは飛び級しています。飛び級と言っても一年だけのようなので、さがりちゃんたちとは一歳違いのはずですが、その身長の小ささゆえにもっと年下なのではないかと疑われています。私も疑っています。
そんなこみねちゃんはとても頑張り屋です。勿論、飛び級するくらいですから元々頭は良かったでしょうし、中間テストではさがりちゃんより高い点数を取っています。しかしそれらは全て、こみねちゃんの努力の賜物なのです。
こみねちゃんが何故飛び級したのか、何故そんなにも頑張り屋なのかは彼女のメインエピソードで語られますが、読んだ時はホンマええ子や・・・となりました。いや、ここまでの四人は大体良い子なんですけどね。こみねちゃんは特に良い子です。
あと、恋愛方面では、こみねちゃんは年下であることを活かして、奔放さや甘えん坊な感じでさがりちゃんに迫っています。可愛いですね。違う私はロリコンではない。

⑤ミステリアス食いしん坊策士・伏見しらべ

最後の五人目はミステリアス策士の伏見しらべちゃんです。

f:id:mosa0019:20211010170531j:plain

いつもどこからともなく現れます。

f:id:mosa0019:20211010170615j:plain

お前、食いしん坊キャラか・・・?

しらべちゃんはとてもミステリアスなキャラです。いつもポーカーフェイスで何を考えているのか分からず、回りの人間を振り回しています。あと、多分作中で一番ノリノリでギャグをぶっ込んでくるのも大体しらべちゃんです。テストの点数は五人の中で一番低いのに、そういうところは頭が回る模様。
あと、割と食い物ネタが多いです。食に貪欲。
恋愛に関しては割とテクニシャンです。度々さがりちゃんをドキリとさせています。侮りがたし。
と、ここまで書いてきましたが、実はしらべちゃんについてはまだ全然何も分かっていません。他の四人については少しずつ内面やその他のことについて明らかになってきましたが、しらべちゃんについては本当に何も分かっていません。実は何か謎というか秘密を抱えているようですが・・・それが一体なんなのか、気になりますね。
あと、おっぱいがデカい。これだけは言っておきたかった。

以上です。
いかがだったでしょうか?
まだ五人の物語は始まったばかり、その行く末を見届けて頂けたら幸いです。
ちなみに、コミックス1巻は10/27発売です。こちらもよろしくお願いします。

それでは、またどこかで会う日まで。
さようなら。

「芳文社の日」の半額セールで何を買うか迷ってる奴は取り敢えず「ゆーま!」を買えという話

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

9/17〜9/23の間、
芳文社の日」ということで、
数多くの電子書籍サイトで芳文社コミックスの多くが半額となっています。

ここで芳文社について詳しくない人は、
「いきなり半額とか言われても、何を買ったら良いか分からないよ!」
となっていることと思います。
そこで、この記事ではそんな貴方に騙してつけ込m
ゲフンゲフン、
そんな貴方にピッタリの作品を紹介したいと思います。
そう、それが「ゆーま!」なのです。

f:id:mosa0019:20210917204947j:plain

ここまで読んで、
「そうか、じゃあ買うわ!」
となった単じゅn、もとい純粋な貴方、
大変素晴らしいです。
今すぐお好きな電子書籍サイトでゆーま!を買いましょう。
別にこの後の文章は読む必要はありません。

逆に、
「本当に買うべきなのか・・・?」
と疑り深い貴方、
是非この後の文章も読んでいって下さい。
最後まで読んだ時、きっと貴方はゆーま!を買いたくなっていることでしょう。

それでは、行ってみましょう。

0.基本情報

この記事を読んでいる人の中には、
「俺っちそれなりにきららについて詳しいけどよ〜、ゆーま!なんて作品知らないぜ〜」
という人もいるかもしれません。
そこで、まずは基本的な情報を掴みましょう。
ゆーま!は、最初はまんがタイムきららキャラットにゲスト掲載され、
その後、きららベース(ニコニコ漫画内のきらら作品を集めたコーナー)にて、
2016年〜2018年にかけて連載されていた作品です。
当時まんがタイムきららキャラット読んでたぜ!
という人はもしかしたら覚えがあるかもしれません。

さて、ここで重要なお知らせですが、
このゆーま!という作品はコミックスが全三巻出てるのですが、
これは電子書籍のみで、
物理の本は存在しません。
きららのコミックスはたまにそういうことがあります。
つまり、何が言いたいのかというと、
貴方が友達から本を譲ってもらうとか、
はたまた古本屋で安く入手するとか、
そういうことは絶対にありえないのです。
つまり、この手の電子書籍セールを逃すと、
絶対に定価で買うしかないのです。
どうです、買いたくなってきましたか?
まぁ、せっかくなんで続きも読んでいって下さい。

①キャラ紹介

次に、簡単に登場キャラについて紹介して行きましょう。

・瑞穂

f:id:mosa0019:20210917210505j:plain

主人公、多分。突っ込みが鋭い。

・伊吹

f:id:mosa0019:20210917210543j:plain

天才、科学者。倫理観が無い。

・恵那

f:id:mosa0019:20210917210617j:plain

金持ち、お嬢様。割と無茶をする。

この3人がメインキャラです。
というか読み返していて気がついたんですが、
3人とも東海地方の地名ですね。

・ゴリラ

f:id:mosa0019:20210917210656j:plain

ゴリラ。

・先生

f:id:mosa0019:20210917210721j:plain

UMA(馬)が好き。

・水ちゃん

f:id:mosa0019:20210917210759j:plain

オカ研部長。可愛い。

・ロボ

f:id:mosa0019:20210917210841j:plain

ロボ。

②ゆーま!の魅力について

次に、ゆーま!の魅力について語っていきましょう。

・キャラが濃い

上のキャラ紹介にもありますが、
何かゴリラがいます。
正確にはゴリラではありません。
UMAです。
人語を解します。
一発キャラではありません、かなりメインキャラです。
というか今更あらすじを紹介してないことに気がついたので今紹介しますが、
瑞穂たち3人がゴリラに復讐するためにUMA研究部を立ち上げてUMAを研究するのが主な流れです。
つまりこの世界は割とUMAが本当にいる世界です。
楽しいですね。

話をゴリラに戻しますが、
このゴリラのキャラがとにかく濃いです。
というかゴリラに突っ込み続けているだけで大体1話が終わります。
しょうがないですね、ゴリラは面白いので・・・
どんな作品だってゴリラが登場したら面白くなると思います。
(サプライズゴリラ理論)

ゴリラについてばかり語りましたが、
それ以外のキャラも大変に濃いです。
主人公の瑞穂はまぁ突っ込み役ですが、
伊吹と恵那もまぁキャラが濃いです。
個人的には水ちゃんが好きです。
可愛くて常識人枠です。
大体酷い目に会います。
可愛いね。

そんな訳で、ゆーま!に登場するキャラはどいつもこいつも個性的です。

・ギャグのキレがえぐい

ゆーま!は4コマ漫画です。
4コマ漫画と言えば大体4コマ目でフフッとなるのがお約束ですね。
きららの4コマは4コマ目にオチがねーよ!
という人もいるかもしれませんが、
その真偽はさておき、
ゆーま!にその心配はいりません。
笑いが爆発しております。
何なら4コマ目以外でも笑かしにきます。
侮れませんね。
せっかくなんで、一つネタを紹介しましょう。

f:id:mosa0019:20210917214106j:plain

どうですか?
どうですかじゃないが。
これは別に私の方で加工したわけではありません。
マジでこのまま載っています。
何が起こっているのか雑に説明しますと、
世界の危機を表しています。
よく分かりませんね。
私もよく分かりません。

他に特筆すべき点と言えば、
瑞穂の突っ込みが冴えている点でしょうか。
やはりギャグはボケだけでは成り立ちません。
鋭い突っ込みがあってこそギャグも冴え渡るというものです。
良かったら突っ込みにも注目して読んでみて下さい。

そんな訳で、ゆーま!は純粋に笑いを求めている人にもお勧めです。

③というか安いんだから買え

最後に身も蓋もないことを言いますが、
安いんだからあんまり深く考えずに買って下さい。
というか私もさっき調べて知ったのですが、
ゆーま!の定価は一冊当たり550円です。
つまり、半額なら275円です。
3冊買うと825円です。
今のKRコミックスが1冊935円ですので、
普通のコミックスを1冊買うより安いです。
これはもう買うしかありませんね。
騙されたと思って、1000円札を突っ込みましょう!

以上です。
いかがだったでしょうか?
本当ならこの記事は一年前に書くべきだったと思うのですが、
何かをなすのに遅すぎるということはないので今書きました。
一人でもゆーま!を読んでくれる人が増えたら嬉しいです。

それでは、またどこかで会う日まで。
さようなら。

小川めぐりという女

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

今回は一人の女について話そうと思う。
そう、それは「はなまるスキップ」の「小川めぐり」についてである。

f:id:mosa0019:20210809220936j:plain
サムネ用画像。

この小川めぐりというキャラ、一言で言ってしまえば「クズ」である。つまり今から私は以下に小川めぐりが如何にクズであるかを書き連ねていくわけだが、そんな文章読みたくねぇという人は今すぐお引き取りください。
あと、この記事は(まぁ大体いつもだけど)私の独自研究ゆえに私の個人的な解釈が多分に含まれています。解釈違い等あろうかと思いますが、その辺はご了承下さい。

それでは、行ってみましょう。

①小川めぐりは金持ち

f:id:mosa0019:20210809221421j:plain

小川めぐりは金持ちである。上記画像の他にも、船を所有していたり、別荘を持っていたりとやりたい放題である。そう、小川めぐりはお金持ちのお嬢様なのである。

②小川めぐりは友達がいなかった

f:id:mosa0019:20210809221637j:plain

高校入学以前の小川めぐりについてはあまり詳しくは語られていないが、友達が一人もいなかったようです。まぁ、後述する性格を考えればそれもやむなしという感じですが……

③小川めぐりの友達は星見はるだけ

f:id:mosa0019:20210809221827j:plain

いや、同じピ同(ピ部)のシェフ子やるあは友達じゃないんかい?と思うかもしれませんが、シェフ子については一年以上経った現在でも「こいつ弁当作りサボってるんじゃねーか」と疑っている始末ですし、るあに関しては未だに研究生呼ばわりと、友達と呼ぶには少し無理があります。よって小川めぐりの唯一の友達は星見はるだけなのです。

④小川めぐりは人を信じない

f:id:mosa0019:20210809222222j:plain

小川めぐりに友達がいない原因の一つとして、根本的に他人を信頼していないというのが挙げられます。信じられるのは金だけです。

⑤小川めぐりの成績は普通

f:id:mosa0019:20210809222431j:plain

小川めぐりの学校の成績は至って普通です。それは別に良いのですが、学年一位のはるをさも自分の手柄のように振る舞っているのは普通にクズです。

⑥小川めぐりは口が悪い

f:id:mosa0019:20210809222657j:plain

小川めぐりは他人に対してかなり辛辣です。心からそう思っていることが素直に漏れだしちゃっている感じでしょうか。

⑦小川めぐりの好きな言葉は資本主義

f:id:mosa0019:20210809222824j:plain

資本主義に好きも嫌いもある?

⑧小川めぐりは他人を見下す

f:id:mosa0019:20210809222911j:plain

小川めぐりは自分より立場が弱い人間を徹底的に見下します。クズですね。

⑨小川めぐりは嫉妬する

f:id:mosa0019:20210809223007j:plain

はるが研究生と仲良くしているのを見て嫉妬する小川めぐり。その感情は……?

⑩小川めぐりという女

さて、ここまで簡単に小川めぐりについて紹介してきましたが、ここからは更に踏み込んでいきましょう。小川めぐりとは一体どんな女なのか?

○小川めぐりにとっての星見はる

先にも書いたように、小川めぐりにとって星見はるは唯一の友達です。しかし、これも今から考えると、お前らよく友達になれたな!?という気もします。それくらい小川めぐりの友達作りのハードルは高いのです。
では何故、小川めぐりと星見はるは友達になれたのでしょうか?これはもう、身も蓋もない言い方になりますが、「小川めぐりと最初に友達になろうとしたのが星見はるだった」、それだけです。それだけなんですか?はい、それだけです。
小川めぐりは高校入学時、一週間休んでいます。その結果、ぼっちとなりました。まぁ、一週間休んでなくてもぼっちにはなっていたと思いますが……(止めろ)元々友達のいない小川めぐりだったので、更に高校デビューも失敗したとあってはもうどうしようもありませんね。そんな折りに現れたのが星見はるだったのです。こっちは更に入学以来クラスには顔を出さずにぽかぽかしてたという筋金入りです。強いですね。そんな訳で、社会からあぶれた二人は仲良く友達になったわけです。
小川めぐりと星見はるの関係は、天才的で合理主義者で周りをぐいぐい引っ張っていく星見はるに対して、小川めぐりはそれに追随する腰巾着的なポジションであるという印象がどうしても拭えません。小川めぐりの主体性、どこ……?それはともかく、では小川めぐりは星見はるの天才的な部分に引かれたのか?と言われると、それはちょっと違うような気がします。星見はるの天才的な部分が明らかになるのは出会ってから少し経ってからです。具体的には4話です。小川めぐりの星見はるに対する第一印象はむしろ「あっこれヤバい人だ!」というものです。別に間違ってはいません。
さて、ここまで小川めぐりと星見はるが友達になれたのは、別にそこまで特別なことじゃないよ、ということを話してきましたが、では何故、小川めぐりは星見はる以外の友達が出来ないのでしょうか。これももう、更に身も蓋もない言い方になるのですが、その原因は「小川めぐりにとって友達枠のキャパシティが一つしかなかった」と考えられます。何だ友達枠のキャパシティって。
貴方は友達が何人いるでしょうか。社会人になると友達と呼べるような人はめっきり減ると思いますが、学生さんなら友達は少なくても2〜3人、多ければ10〜20人とかもっと沢山いるかもしれませんね。友達とは本来気の合う仲間のことを指します。多ければ良い、少なければ駄目ということはありませんが、友達が多い人というのはそれだけ沢山の共通の話題を持っている人という印象もあります。
さて、ここで小川めぐりの話に戻ります。小川めぐりには友達はいませんでした。高校入学時も友達は金で買おうとしていました。信じられるのは金だけです。そんな小川めぐりに星見はるという友達が出来たのですが、どうやら「友達を作ろう」という目的はそこで止まってしまったようです。同じピ同(ピ部)のシェフ子やるあに塩対応が止まらないのも、無意識のうちにこれ以上の友達はいらないと拒絶しているようです。せっかく同じ同好会(部活)という接点があるのだから友達になればいいのに……と端から見てたら思うのですが、もしかしたら長年友達がいなかった反動として、友達を増やせなくなってしまったのかもしれません、悲しいね。
さて、そんな訳で、小川めぐりの唯一の友達は星見はるである、ということがご理解頂けたでしょうか。

○小川めぐりにとっての他人

小川めぐりにとって友達は一人しかいないということは話してきましたが、ではそれ以外の人間は小川めぐりにとってどう見えているのでしょうか。
一つは「有象無象」です。小川めぐりにとって他の人は単なるモブとしか見ていません。最低ですね。上でも少し触れたように、高校入学時には友達を金で買おうとしていました。結局は買えていないようですが……恐らく、明言はされていませんが中学以前もこんな感じだったと推察されます。基本的に、年齢が若ければ若いほど、友達って出来やすいというかなりやすいものだと思うのですが、小川めぐりにとってはそれは当てはまらないようです。ひねくれているというか、ある意味真っ直ぐというか……一人も友達がいない学校生活、私は想像するだけで地獄だと思うのですが、みんなはどうでしょうか。そんな中でちゃんと高校まで進学した小川めぐり、ある意味真っ直ぐではないですか。誉めてはいません。
もう一つは「見下す対象」です。もうこの時点でアウトですね。クズ過ぎます。小川めぐりはお金持ちのお嬢様です。それがどれほど影響してるのかは分かりませんが、価値観の第一がお金です。つまり、相対的にお金を持っていない一般市民など小川めぐりにとっては見下す対象でしかないのです。書いてて私も辛くなってきました。世の中には色んな人間がいます。頭の良い人、スポーツの出来る人、絵の上手い人……色んな価値観があっていいと思います。
小川めぐり、根本的に他人を信頼しておらず、お金しか信頼していないのも、もしかしたら人間の負の部分を見てきたかもしれません。これは完全に妄想です。しかし、だとしても、いつかはお金抜きでも人を信頼できるようになって欲しいものです。どうすればいいのかはさっぱり分かりませんが……

○小川めぐりに望むこと

最後に、私から小川めぐりに望むことですが、「頼むから友達枠のキャパシティをあと一つか二つ空けてくれ」となります。シェフ子ちゃんは料理が得意ですし、るあちゃんは委員長が大好き……なのはともかく、小物を作るのが得意で思いやりがあって優しい子です。とっても良い奴等です。二人と友達になれたなら、きっと世界が広がると思うのです。そしていつか、お金以外の価値観も見出だして欲しいと思います。

以上です。
いかがだったでしょうか。
小川めぐりという女について少しは理解して頂けたでしょうか。
「はなまるスキップ」という作品の無法な部分の半分くらいを受け持っている小川めぐりですが、これからも注目して読んでいきたいと思います。
ちなみに、はなまるスキップはコミックス1巻が好評発売中です。そちらも合わせてよろしくお願いします。

それでは、またどこかで会う日まで。
さようなら。

ここがきららの無法地帯!?「はなまるスキップ」を無法で振り返る

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

みんなはきららと聞いてどんな漫画を思い浮かべるかな?
可愛い女の子?
癒し系?
日常系?
そのどれも間違いではないでしょう。
極論を言ってしまえば、きららに載ってるものは全てきららなのです。そこに例外は無いのです。
(他社のきららっぽい作品をきららに含めるべきか?という問題は話がややこしくなるのでちょっとあっち行っててください)

そんな訳で、今きららで連載されている作品の中で、かなりギリギリを攻めている作品を今回は取り上げます。
そう、それが「はなまるスキップ」なのです。

はなまるスキップ(1) (まんがタイムKRコミックス)

はなまるスキップ(1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者:みくるん
  • 発売日: 2021/05/27
  • メディア: コミック

今回は「はなまるスキップ」がいかに無法を働いているかに焦点を当てながら作品を紹介していこうと思います。楽しんで頂けたら幸いです。

それでは、行ってみましょう。

0.基本情報
まずは基本情報から。
「はなまるスキップ」はまんがタイムきららにて2020年4月号〜2020年6月号までゲスト掲載され、2020年7月号から連載となり、現在も好評連載中である。

f:id:mosa0019:20210517222356j:plain

はなまるスキップがどんな話なのか、コミックス1巻の紹介文を引用して説明しましょう。

きららが贈るゆるふわピクニック4コマ…だと思いましたか?残念でした!
かわいいキャラが日常系の皮を被って大暴れ!
ゆるふわな見た目に騙されるな!ピクニック同好会(ほぼピクニックしません)がお贈りする新感覚ギャグ4コマ開幕!

上記の通り、はなまるスキップとはきららの皮を被った何かである。何だこの紹介文・・・

①キャラ紹介
続いて簡単にキャラ紹介もいたしましょう。

・星見はる

f:id:mosa0019:20210517225132j:plain

ピクニック同好会トップ(?)。
ポカポカ大好き。

・小川めぐり

f:id:mosa0019:20210517225234j:plain

真面目そうだけど、ぼっち。
家はお金持ちらしい。

・シェフ子

f:id:mosa0019:20210517225334j:plain

人気イソスタグラマー。
橋倉先生の妹。

・藤原あやめ

f:id:mosa0019:20210517225436j:plain

学級委員長。
学年2位。

・橋倉先生

f:id:mosa0019:20210517225628j:plain

1-1担任。
時々マトモじゃない。

・赤井るあ

f:id:mosa0019:20210517225829j:plain

委員長大好き。

②無法で振り返る「はなまるスキップ」
それではここからは、はなまるスキップのストーリーを1話ずつ振り返って行きましょう。主に無法な面について。

○ピクニック同好会、発足!

f:id:mosa0019:20210525220707j:plain

出会ってはいけない三人が出会ってしまい、ピクニック同好会が発足しました。

無法ポイント
・いきなり空から落ちてくる主人公。
・いきなり不登校な主人公。
光合成同好会を作ろうとする主人公。
・呪いの人形、めぐめぐ坊主。
・シェフ子ちゃんの名前をディスる
・バズりに目が眩むシェフ子。

○ピクニック同好会、解散!?

f:id:mosa0019:20210525221210j:plain

いきなり解散の危機を迎えたピクニック同好会。果たして存続できるのか!?

無法ポイント
・当初は解散に前向きだった。
糖質制限中の委員長。
ナチュラルに説明なく登場する委員長特大パネル。

○ひなたぼっこ大会、出場!?

f:id:mosa0019:20210525222255j:plain

同好会としての実績を作るために大会に出場することになったのですが・・・?

無法ポイント
・先生がナチュラルに勘違い。
・元走り屋の先生。
・弁当をぶちまける。
・赤ちゃん役をする先生。
・心霊研究会扱い。

○大丈夫!?中間テスト

f:id:mosa0019:20210525222657j:plain

ひとまずは解散の危機を脱したピクニック同好会、しかしまだまだ問題は山積みなのだった・・・

無法ポイント
VR徘徊。
・またぞろ。に当たり屋。
・実は天才な主人公。
・シェフ子は馬鹿。
・不正を働こうとする主人公。

○新キャラ登場!?

f:id:mosa0019:20210525223133j:plain

テストではるに負けて寝込んでしまった委員長。そこに現れたのは委員長のファン・・・?

無法ポイント
・イソスタにアンチコメという陰湿さ。
・登場早々ボコボコにされる赤井るあ。
・ショックで赤ちゃんになるシェフ子。
・委員長特大パネルに目がくらんで研究生になってしまう赤井るあ。

○ピクニック同好会がピクニックに!?

f:id:mosa0019:20210525223546j:plain

ピクニック同好会が川ピクニックに出かけます。一応ピクニック同好会らしい活動もしているのです。

無法ポイント
・コロナ禍。
・見えないマスク。
・毎回弁当の扱いが悲惨。
・焼かれる委員長特大パネル。
・川流しされる委員長特大パネル。

○運動会で部活対抗リレーに出場!

f:id:mosa0019:20210525223925j:plain

賞金に目がくらんで部活対抗リレーに出場することになったピクニック同好会。果たしてその結果は・・・?

無法ポイント
・メダリストを編入させてまでも勝ちにいく貪欲さ。
・また弁当を取られるシェフ子。
・瞬足に当たり屋。
・熱い手のひら返しのモブ。

○生徒会長選挙!

f:id:mosa0019:20210525224508j:plain

生徒会長選挙に立候補した主人公と委員長。白熱の対決が始まる・・・!

無法ポイント
・ディスられる委員長。
キング牧師に当たり屋。
・賄賂、買収。
・熱い手のひら返しのモブ(二回目)。

陰キャをねらえ!

f:id:mosa0019:20210525224818j:plain

学園祭でまた賞金目当てで何かを企むピクニック同好会。今度は何を・・・?

無法ポイント
トップをねらえ!に当たり屋。
・なろう系全般に当たり屋。
・先生をこき使う。
・突発で出店。
・姑息な手段で行列を作る。
・生徒会不信任を扇動。
・またもや燃える委員長特大パネル。

○クリスマス会

f:id:mosa0019:20210525225345j:plain

幼稚園のクリスマス会にボランティアでやって来たピクニック同好会。しかしそこにはクリスマスアンチな子が・・・?

無法ポイント
・生徒会に媚を売るピクニック同好会。
・クリスマスアンチ。
シンゴジラに当たり屋。

○はなまる探偵団結成!?

f:id:mosa0019:20210525225546j:plain

久しぶりにピクニックにやって来たピクニック同好会。しかしそこで事件発生・・・!?

無法ポイント
・探偵に当たり屋。
・るあへの当たりが強い。
・日に日に増していく生徒会への不信感。

○シェフ子ちゃんをください!

f:id:mosa0019:20210525225904j:plain

シェフ子ちゃんを引き抜きに来た料理部。シェフ子を賭けた対決が今始まる!

無法ポイント
・信頼感の欠片もないシェフ子。
・最初は普通に差し出されそうになったシェフ子。
・料理対決でドヤ顔で使用される化調(化学調味料)。
・料理部を支配下に置くピクニック同好会。

○はなまるタスクフォースです!

f:id:mosa0019:20210525230224j:plain

各部活の調査をすることになったピクニック同好会。はなまるタスクフォース、出動です!

無法ポイント
・予算を使い込む前生徒会。
・ソシャゲの天井を解説。
・部費をソシャゲにつぎ込む。
・どさくさに紛れて部室をゲット。

③柱
いえ、○滅の刃の話ではありません。
テニスの○子様の話でもありません。
最後にちょっとした小話を。
はなまるスキップには毎回柱にあらすじとキャラ紹介が載っているのですが、毎回それが狂っています。
聞くところによるとこれは毎回担当編集が考えてるらしいのですが、一体どうしてこうなった。
作者が狂ったのが先か、担当が狂ったのが先か・・・?

以上です。
いかがだったでしょうか?
取り敢えず何かはなまるスキップはヤバそうだということが伝われば嬉しいです。
緊急事態宣言で中々本屋にも行けない状態ですが、是非何とかしてコミックス1巻をゲットしてみて下さいね。
(というか私も行きつけの本屋が閉まっちゃって買いに行けないどうしよう・・・うごごごごご)

それではまたどこかで会う日まで。
さようなら。

カエル先生には内緒だヨ!?今からでも間に合う「観音寺睡蓮の苦悩」の楽しみ方

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

みんなは百合は好きかな?
いや、花の方じゃないです。仲良し女の子の方です。
私もそこそこ好きな方ですが、Twitterにいるガチ勢と比べるとまだまだですね。百合の専門誌(百合姫)は読んでないですし、百合漫画のためだけに雑誌を買ったりまではしていません。
まぁ何というかライト層です。そこんとこはご了承下さい。

さて、そんな私が今お勧めする百合漫画が、「観音寺睡蓮の苦悩」である。

そこで今回は、観音寺睡蓮の苦悩について紹介していこうと思う。楽しんで頂けたら幸いです。

それでは、行ってみましょう。

0.基本情報
まずは恒例の基本情報から行きましょう。
「観音寺睡蓮の苦悩」はまんがタイムきららフォワードにて2020年2月号にゲスト掲載され、2020年4月号から連載となり、現在も好評連載中である。

f:id:mosa0019:20210505102043j:plain

ちなみにこのゲスト掲載時の話、コミックスには収録されていません。読んだことのある人は貴重です。

f:id:mosa0019:20210505102145j:plain
今と絵が全然違っててウケるよ。

さて、そんな観音寺睡蓮の苦悩がどんな話なのか、これも恒例のコミックス1巻の紹介文を引用して説明しましょう。

観音寺睡蓮。
才色兼備の完璧超人、学園のスターである。
しかし彼女、実は「病的なまでの百合好き」であり、お気に入り百合ップルである府中紫陽花と中目黒椿の二人の供給を周囲に悟られぬよう、脳内で必死に噛み締める苦悩の日々を過ごしているのであった…!

以上の通り、観音寺睡蓮の苦悩とは、百合好きの主人公の観音寺睡蓮が幼馴染百合ップルを愛でる漫画である。

あじつばをすこれ

f:id:mosa0019:20210505102649j:plain

府中紫陽花、一年生、陽キャ、152㎝(左)。
中目黒椿、一年生、陰キャ、160㎝(右)。
二人は幼馴染であり、お互いに商店街の向かいの店に住んでいるという間柄である。二人はいつも喧嘩ばかりしていますが、何だかんだで仲良しです。
この二人、実のところそこまで百合ップルかと言われると、他の百合漫画に出てくるような「ガチ」の百合ップルと比べると、そんなに深い関係ではありません。ぶっちゃけキスとか百合○ックスとかまではする気配がありません。
しかし、それも観音寺睡蓮のフィルターを通してしまうと、二人はガチの百合ップルです。将来の結婚が約束されています。何故だ。
そんなわけで、二人の何気ないやり取りも百合フィルターを通して見てしまい、勝手に「尊い・・・」と感激している観音寺睡蓮を見ることを含めて、この二人の百合ップルは楽しめます。

②観音寺睡蓮をすこれ

f:id:mosa0019:20210505102722j:plain

観音寺睡蓮、二年生、人気者、172㎝。
観音寺睡蓮が病的なまでの百合好きであることは上でも書いた通りだが、特筆すべきは彼女の百合好きの感情が高まると出てくる裏側の睡蓮、通称「裏睡蓮」である。(コミックス1巻と2巻の表紙にいる何かちっちゃい奴がそれである)
最初に言ってしまうが、この裏睡蓮こそが本来の彼女の性格である。表の方の成績優秀、容姿端麗、皆の人気者の睡蓮は仮の姿なのである。
この裏睡蓮ちゃん、見て分かる通りめちゃくちゃデフォルメされててちっちゃくて可愛いです。元の身長は172㎝あるのにね。って言うか172㎝ってマジでけぇな。モデル体型じゃねぇか。
それはともかく、表では平静を保ちつつ脳内では裏睡蓮が大暴れしているというのが観音寺睡蓮の日常である。実は一度だけ裏睡蓮が表に出てきたことがありますが、その時は本当に大変なことになりました。皆の平穏のためにもしばらくは裏で大人しくしておいて欲しいです。
そういう訳で、表と裏でギャップを楽しみつつ裏睡蓮の病的な百合好きっぷりに呆れたり感心したりするのが観音寺睡蓮の楽しみ方である。

③ぼた姉をすこれ

f:id:mosa0019:20210505102751j:plain

有明牡丹、二年生、自称姉、140㎝。
通称「ぼた姉」は紫陽花と椿の姉である。正確に言うと「自称姉」である。これだけ聞くとヤバい奴だな?(姉を自称する奴にロクなのはいない)
しかし実際、ぼた姉はとても良い奴である。紫陽花と椿がピンチの時には真っ先に駆けつけ、身を呈して二人を助けることもしばしばである。これには観音寺睡蓮もニッコリ。
あと、このぼた姉、何故か凄く人気があります。とあるアンケートでは観音寺睡蓮以上の票を集めていました。どうでもいいですが作者もお気に入りです。何故だ。
それはそれとして、ぼた姉も観音寺睡蓮と同じく紫陽花と椿のことが大好きである。しかし二人を百合ップルとして好きな観音寺睡蓮とは違い、ぼた姉は二人を妹として可愛がっているという違いがあります。そこんとこを注目して見てみると、また一つ楽しみが増えるのではないでしょうか。

④すいよつをすこれ

f:id:mosa0019:20210505102821j:plain

六本木四葉、生徒会長、承認欲求モンスター。
四葉は2巻から登場するキャラです。その正体は上に書いた通り承認欲求モンスターで、それ故に観音寺睡蓮を疎ましく思っています。そこで観音寺睡蓮に様々な嫌がらせをするのですが・・・まぁ上手くいきません。可哀想。
そんな四葉さんは双子の二子玉川姉妹をメイドとして雇っています。しかしそれによって、観音寺睡蓮に「あなたも百合オタクなのね!」と勘違いされ、一方的に親近感を持たれてしまいます。ちなみに四葉は別に百合オタクではありません。可哀想。
そんなわけで、登場当初は観音寺睡蓮に匹敵する強キャラの登場かと思われましたが、今ではすっかり小物のかませです。可哀想。
ところでこの二人のカップリング、勝手に「すいよつ」って呼びましたけど、何か呼びにくいですね。何か良い呼び方ないですかね。
ともかく、百合オタクの睡蓮×一般人の四葉という、すれ違いの面白さが楽しめるのがこの二人です。

⑤小吉川レルをすこれ

f:id:mosa0019:20210505102901j:plain

こき使われる→小吉川レル。駄洒落ネームです。この作品にはまともな名前のキャラと駄洒落ネームキャラが混在しています。
それはともかくレルさんです。金髪ポニテメイドキャラです。個人的に睡蓮の次に好きなキャラです。金髪でポニテでメイドとか最強じゃん?(個人の意見です)
このレルさん、非常に優秀な人で、観音寺睡蓮の無茶振りによく付き合っています。具体的には身辺調査したり盗撮したりしています。犯罪じゃねぇか。悪いのは指示してる睡蓮です。
レルさん自身は感性は一般人寄りで、別に百合オタクではありません。よくそれで観音寺睡蓮に付き合ってられるなと思いますが、観音寺睡蓮が二人いても困るのでそれは別にいいと思います。
そんなわけで、レルはメインキャラではないサブキャラですが、チラッとでも登場してくれると嬉しいキャラです。

⑥カエルDX先生はすこらなくていい

カエルDX先生はオタクなので別にすこらなくてもいいです。

f:id:mosa0019:20210505102939j:plain

何で作品のキャラよりも先に作者のグッズが出てるんですかね・・・

以上です。
いかがだったでしょうか?
観音寺睡蓮の苦悩は観音寺睡蓮を中心にしたドタバタ百合コメディです。百合が好きな人は楽しめると思うので、是非読んでみてくださいね。
ちなみにコミックス1巻は絶賛発売中、2巻は5/12に発売です。こちらも是非買ってくださいね。

それでは、またどこかで会う日まで。
さようなら。

「ボケちゃいMAX」に投稿した画像をまとめてみた

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

4/19から5/2にかけて、「ボケちゃいMAX」という企画がTwitterで行われました。
簡単に説明すると、まんがタイムきららMAXの作品のお題となったコマの台詞を自由に入れてネタ画像を投稿するというものです。
要は大喜利です。
私もこの企画に参加しました。投稿数はジャスト200!頑張りました。
せっかくなので、投稿した作品をブログにまとめておこうと思います。

それでは、行ってみましょう。

f:id:mosa0019:20210503132822j:plain
f:id:mosa0019:20210503132905j:plain
f:id:mosa0019:20210503132932j:plain
f:id:mosa0019:20210503132954j:plain
f:id:mosa0019:20210503133054j:plain
f:id:mosa0019:20210503133141j:plain
f:id:mosa0019:20210503133203j:plain
f:id:mosa0019:20210503133224j:plain
f:id:mosa0019:20210503133257j:plain
f:id:mosa0019:20210503133314j:plain
f:id:mosa0019:20210503133422j:plain
f:id:mosa0019:20210503133451j:plain
f:id:mosa0019:20210503133514j:plain
f:id:mosa0019:20210503133529j:plain
f:id:mosa0019:20210503133549j:plain
f:id:mosa0019:20210503133606j:plain
f:id:mosa0019:20210503133621j:plain
f:id:mosa0019:20210503133636j:plain
f:id:mosa0019:20210503133659j:plain
f:id:mosa0019:20210503133717j:plain
f:id:mosa0019:20210503133734j:plain
f:id:mosa0019:20210503133755j:plain
f:id:mosa0019:20210503133816j:plain
f:id:mosa0019:20210503133834j:plain
f:id:mosa0019:20210503133851j:plain
f:id:mosa0019:20210503133911j:plain
f:id:mosa0019:20210503133931j:plain
f:id:mosa0019:20210503133952j:plain
f:id:mosa0019:20210503134011j:plain
f:id:mosa0019:20210503134030j:plain
f:id:mosa0019:20210503134050j:plain
f:id:mosa0019:20210503134110j:plain
f:id:mosa0019:20210503134132j:plain
f:id:mosa0019:20210503134154j:plain
f:id:mosa0019:20210503134214j:plain
f:id:mosa0019:20210503134236j:plain
f:id:mosa0019:20210503134303j:plain
f:id:mosa0019:20210503134319j:plain
f:id:mosa0019:20210503134339j:plain
f:id:mosa0019:20210503134405j:plain
f:id:mosa0019:20210503134430j:plain
f:id:mosa0019:20210503134503j:plain
f:id:mosa0019:20210503134526j:plain
f:id:mosa0019:20210503134546j:plain
f:id:mosa0019:20210503134608j:plain
f:id:mosa0019:20210503134630j:plain
f:id:mosa0019:20210503134651j:plain
f:id:mosa0019:20210503134707j:plain
f:id:mosa0019:20210503134728j:plain
f:id:mosa0019:20210503134750j:plain
f:id:mosa0019:20210503134811j:plain
f:id:mosa0019:20210503134832j:plain
f:id:mosa0019:20210503134857j:plain
f:id:mosa0019:20210503134913j:plain
f:id:mosa0019:20210503134929j:plain
f:id:mosa0019:20210503134954j:plain
f:id:mosa0019:20210503135024j:plain
f:id:mosa0019:20210503135109j:plain
f:id:mosa0019:20210503135132j:plain
f:id:mosa0019:20210503135158j:plain
f:id:mosa0019:20210503135220j:plain
f:id:mosa0019:20210503135244j:plain
f:id:mosa0019:20210503135306j:plain
f:id:mosa0019:20210503135334j:plain
f:id:mosa0019:20210503135356j:plain
f:id:mosa0019:20210503135414j:plain
f:id:mosa0019:20210503135437j:plain
f:id:mosa0019:20210503135501j:plain
f:id:mosa0019:20210503135543j:plain
f:id:mosa0019:20210503135624j:plain
f:id:mosa0019:20210503135655j:plain
f:id:mosa0019:20210503135746j:plain
f:id:mosa0019:20210503135806j:plain
f:id:mosa0019:20210503135829j:plain
f:id:mosa0019:20210503135856j:plain
f:id:mosa0019:20210503135920j:plain
f:id:mosa0019:20210503135941j:plain
f:id:mosa0019:20210503140003j:plain
f:id:mosa0019:20210503140022j:plain
f:id:mosa0019:20210503140046j:plain
f:id:mosa0019:20210503140111j:plain
f:id:mosa0019:20210503140145j:plain
f:id:mosa0019:20210503140218j:plain
f:id:mosa0019:20210503140249j:plain
f:id:mosa0019:20210503140309j:plain
f:id:mosa0019:20210503140335j:plain
f:id:mosa0019:20210503140359j:plain
f:id:mosa0019:20210503140419j:plain
f:id:mosa0019:20210503140441j:plain
f:id:mosa0019:20210503140504j:plain
f:id:mosa0019:20210503140558j:plain
f:id:mosa0019:20210503140631j:plain
f:id:mosa0019:20210503140707j:plain
f:id:mosa0019:20210503140731j:plain
f:id:mosa0019:20210503140754j:plain
f:id:mosa0019:20210503140814j:plain
f:id:mosa0019:20210503140839j:plain
f:id:mosa0019:20210503140901j:plain
f:id:mosa0019:20210503140920j:plain
f:id:mosa0019:20210503140938j:plain
f:id:mosa0019:20210503141003j:plain
f:id:mosa0019:20210503141025j:plain
f:id:mosa0019:20210503141046j:plain
f:id:mosa0019:20210503141117j:plain
f:id:mosa0019:20210503141154j:plain
f:id:mosa0019:20210503141231j:plain
f:id:mosa0019:20210503141311j:plain
f:id:mosa0019:20210503141330j:plain
f:id:mosa0019:20210503141355j:plain
f:id:mosa0019:20210503141411j:plain
f:id:mosa0019:20210503141430j:plain
f:id:mosa0019:20210503141449j:plain
f:id:mosa0019:20210503141507j:plain
f:id:mosa0019:20210503141523j:plain
f:id:mosa0019:20210503141546j:plain
f:id:mosa0019:20210503141603j:plain
f:id:mosa0019:20210503141627j:plain
f:id:mosa0019:20210503141658j:plain
f:id:mosa0019:20210503141721j:plain
f:id:mosa0019:20210503141740j:plain
f:id:mosa0019:20210503141802j:plain
f:id:mosa0019:20210503141826j:plain
f:id:mosa0019:20210503141843j:plain
f:id:mosa0019:20210503141859j:plain
f:id:mosa0019:20210503141917j:plain
f:id:mosa0019:20210503141934j:plain
f:id:mosa0019:20210503141954j:plain
f:id:mosa0019:20210503142013j:plain
f:id:mosa0019:20210503142032j:plain
f:id:mosa0019:20210503142051j:plain
f:id:mosa0019:20210503142111j:plain
f:id:mosa0019:20210503142130j:plain
f:id:mosa0019:20210503142151j:plain
f:id:mosa0019:20210503142210j:plain
f:id:mosa0019:20210503142228j:plain
f:id:mosa0019:20210503142310j:plain
f:id:mosa0019:20210503142348j:plain
f:id:mosa0019:20210503142418j:plain
f:id:mosa0019:20210503142443j:plain
f:id:mosa0019:20210503142511j:plain
f:id:mosa0019:20210503142538j:plain
f:id:mosa0019:20210503142612j:plain
f:id:mosa0019:20210503142638j:plain
f:id:mosa0019:20210503142659j:plain
f:id:mosa0019:20210503142741j:plain
f:id:mosa0019:20210503142811j:plain
f:id:mosa0019:20210503142836j:plain
f:id:mosa0019:20210503142858j:plain
f:id:mosa0019:20210503142928j:plain
f:id:mosa0019:20210503142959j:plain
f:id:mosa0019:20210503143026j:plain
f:id:mosa0019:20210503143057j:plain
f:id:mosa0019:20210503143139j:plain
f:id:mosa0019:20210503143209j:plain
f:id:mosa0019:20210503143235j:plain
f:id:mosa0019:20210503143301j:plain
f:id:mosa0019:20210503143322j:plain
f:id:mosa0019:20210503143340j:plain
f:id:mosa0019:20210503143400j:plain
f:id:mosa0019:20210503143423j:plain
f:id:mosa0019:20210503143441j:plain
f:id:mosa0019:20210503143505j:plain
f:id:mosa0019:20210503143528j:plain
f:id:mosa0019:20210503143552j:plain
f:id:mosa0019:20210503143620j:plain
f:id:mosa0019:20210503143648j:plain
f:id:mosa0019:20210503143713j:plain
f:id:mosa0019:20210503143735j:plain
f:id:mosa0019:20210503143800j:plain
f:id:mosa0019:20210503143825j:plain
f:id:mosa0019:20210503143851j:plain
f:id:mosa0019:20210503143912j:plain
f:id:mosa0019:20210503143940j:plain
f:id:mosa0019:20210503144008j:plain
f:id:mosa0019:20210503144035j:plain
f:id:mosa0019:20210503144058j:plain
f:id:mosa0019:20210503144120j:plain
f:id:mosa0019:20210503144140j:plain
f:id:mosa0019:20210503144207j:plain
f:id:mosa0019:20210503144239j:plain
f:id:mosa0019:20210503144305j:plain
f:id:mosa0019:20210503144325j:plain
f:id:mosa0019:20210503144348j:plain
f:id:mosa0019:20210503144410j:plain
f:id:mosa0019:20210503144430j:plain
f:id:mosa0019:20210503144508j:plain
f:id:mosa0019:20210503144533j:plain
f:id:mosa0019:20210503144610j:plain
f:id:mosa0019:20210503144632j:plain
f:id:mosa0019:20210503144657j:plain
f:id:mosa0019:20210503144717j:plain
f:id:mosa0019:20210503144738j:plain
f:id:mosa0019:20210503144801j:plain
f:id:mosa0019:20210503144820j:plain
f:id:mosa0019:20210503144840j:plain
f:id:mosa0019:20210503144900j:plain
f:id:mosa0019:20210503144914j:plain
f:id:mosa0019:20210503144930j:plain
f:id:mosa0019:20210503144945j:plain
f:id:mosa0019:20210503144957j:plain

以上です。
いかがだったでしょうか?
改めて見ると、200もネタを考えるとか正気ではないと思います。何やってんだ私。

それでは、またどこかで会う日まで。
さようなら。

高山萌という女

はじめましてこんにちは。
よく来たな。
私の名前はモサ。
しがないきらら好きだ。

今回は一人の女について話そうと思う。
そう、それは「ななどなどなど」に登場する「高山萌」についてである。

f:id:mosa0019:20210414231134j:plain
サムネ用画像。

高山萌がどんな女なのかについてはこれから語っていくわけだが、もし貴方がマトモな文章を読みたいと思っているのなら、こんな記事は読まずに他の人が書いた文章を読むと良い。良いのがあるから。
(ここではてなブログの記事URLを貼り付けられたら格好良いのだが、貼り方分かんないんだよな・・・)
(「高山萌について、お話します。」でググるなりTwitter検索して下さい。すぐに出てきます)
(そちらを読み終えた後、良かったら戻ってきて下さい。別に戻ってこなくてもいいです)

それでは、行ってみましょう。

①高山萌は可愛くて人気者

f:id:mosa0019:20210414231150j:plain

高山萌は明るくて気立てが良くてクラスの人気者。おまけに可愛い。
完璧な女子高生かな?

②高山萌は恋する乙女

f:id:mosa0019:20210414231204j:plain

そんな高山萌が恋する相手は、同じクラスの吉岡るるさん。
彼女のことを話す時は本当に年頃の恋する乙女。

③高山萌はストーカー

f:id:mosa0019:20210414231219j:plain

そんな高山萌の吉岡るるに対する執着はかなりのもの。ナチュラルに盗聴、盗撮もしています。その様子は狂気すら感じられる。

④高山萌は他人に迷惑をかけない

f:id:mosa0019:20210414231232j:plain

高山萌は他人に迷惑をかけることを嫌がります。その反面、自分が犠牲になることは厭いません。端から見たら聖人です。

⑤高山萌はバスト86

これは極秘情報です。具体的に言うとコミックス1巻のとらのあなの店舗特典のリーフレットで明らかになった情報です。
そのプロポーションはグラビアアイドル並みですな。着痩せするタイプなんですね。

⑥高山萌は兄が二人に犬が一匹

これも同じリーフレットで明らかになった情報です。実は妹キャラです。オンラインゲームをする時のパソコンは兄から借りました。
また、犬も飼っているようです。小町ちゃんが犬を飼っていることにも反応していましたね。

⑦高山萌は元バレー部

f:id:mosa0019:20210414231246j:plain

高山萌は中学時代はバレー部でした。嶺優子とは学校は違いますがバレー部繋がりで知り合ったようです。身長は156センチなのでそれほど大きくはありませんが。

⑧高山萌は涙は見せない

f:id:mosa0019:20210414231337j:plain

高山萌は人前で涙は見せません。顔では笑って心で泣く、そんなキャラです。

⑨高山萌は閉じ込めたい

f:id:mosa0019:20210414231349j:plain

高山萌の吉岡るるに対する感情は、つまるところお人形のように愛でたい、自分のものにはならなくてもいいが他人には渡したくない、そんな感情のようです。

⑩高山萌という女
ここまでは高山萌という女についてざっくりと紹介してきましたが、ここからはもう少し詳しく高山萌について掘り下げていこうと思います。

・高山萌は愛される
高山萌は作中でかなり愛されています。
クラスでは人気者で、発言力、影響力もかなりあるようです。ひとえに彼女の普段の行い、気配りの賜物でしょう。また、明言はされていませんが、頭の回転が早いこともその一助となっていると思われます。主にその能力は吉岡るるへのストーカー行為に活かされていますが・・・
小町ちゃんは彼女の本性を知っているので、厄介な奴だなぁとは思っていますが、それでも最低限対等な友人として付き合っています(小町ちゃんにしてみたら凄いことです)。小町ちゃんからしてみたら自分を否定しない、尊重してくれる人物というだけで十分なのかもしれません。
高山萌からしてみたら、小町ちゃんに近づいたのは半分は吉岡るるに近づくためです。しかし一方で、もう半分は確実に小町ちゃんに世話を焼くためです。完全なる善意、とは言えませんが、吉岡るるの件が無くても小町ちゃんとは一定の付き合いがあったことでしょう。何という陰キャに優しいギャル。誰とでも分け隔てなく接することが出来るのは、彼女が他の同年代の子よりも「大人」だからかもしれません。精神が熟している。
嶺優子とはお互いに飾らず付き合える友人です。嶺優子も高山萌の本性を知っていますが、それでも引かずに友人として付き合っています。これは嶺優子が面白いもの好きであること、高山萌の本質が人に害をなすものではないことが分かっているからだと思います。
吉岡るるにとって高山萌は憧れです。そして同時に違う世界の人間だと感じています。一向に吉岡るるからの距離が縮まらないのはそのためでしょう。高山萌にとっては不幸なことに、高山萌が輝けば輝くほど吉岡るるからは遠ざかる寸法です。それもこれも高山萌が吉岡るるにはっきりと気持ちを伝えないから・・・この辺のことは次項で更に掘り下げます。
以上の通り、高山萌は幅広い人から愛される愛されキャラであることが分かって頂けたと思います。

・高山萌は愛を知らない
高山萌は他人から愛され、本人は吉岡るるを愛しています。
しかし、それは本当に愛なのでしょうか?
愛、愛ってなんだ。
(何だかこっぱずかしいテーマになってきましたが、私も恥ずかしいので我慢してください)
このテーマは非常に哲学的で答えの出ないテーマですので、以下に書くことはあくまで私の個人的な考えです。
愛とは、相手を慈しみ、思いやることだと私は定義します。
そう定義したとき、高山萌の吉岡るるに対する感情は本当に愛なのでしょうか?
上でも少し触れたように、高山萌は吉岡るるをお人形のように閉じ込めたいと思っています。それは決して猟奇的な趣味ではなく、吉岡るるを大切に思っているからこそ辿り着いた高山萌の一つの答えだと思います。
しかし、そこに吉岡るるの想いはあるでしょうか?
吉岡るるは高山萌をちょっと理解できないとは思っていますが、それでも大切な友人だとは思っています。決して束縛されるような関係は望んでいません。
高山萌は、基本的に他人からの何かを求めません。欲しいものは自分で手に入れます。それはとても素晴らしいことですが、同時にとても悲しいことです。高山萌は吉岡るるを愛そうとしますが、吉岡るるからの愛は求めないのです。
それは何故でしょうか。一つ考えられることは、自分を愛する吉岡るるは自分が望んだ吉岡るるではないと考えているのかもしれません。あくまで傍観者でいたいというか、自分の色に染めたくはないと思っているのではないでしょうか。
高山萌と吉岡るるが出会ってから作中では数ヶ月が経っていますが、高山萌から吉岡るるを誘って会ったことはこれまでに無いようです。偶然を装って出会うか、小町ちゃんをダシにして一緒に遊ぶかしかしてないのです。唯一、吉岡るるが熱を出した時には自分からお見舞いに行っていますが、これも口実があってこそでしょう。
思わず、奥手かよ!と言いたくなりますが、これも上で書いた通り、吉岡るるに必要以上に干渉することを避けているためとも考えられます。
高山萌は、本当の意味での愛をまだ知らないのです。

・高山萌にとっての自分と他人
これも上で少し触れた通り、高山萌は自分に厳しく、他人に優しい性格です。少し言い換えると、「他人に迷惑をかけない範囲なら何をやってもよく、かつ自分がどうなってもいい」という考えです。「迷惑をかけない行為」にはストーカー行為が含まれていますので倫理観は少々歪んでいますが・・・
これは極端な言い方をすれば破滅的な生き方です。一歩間違えれば他人への博愛が行きすぎて、又は自分を磨り減らし過ぎて自分で自分を滅ぼしかねません。
高山萌にとって自分とは何でしょうか。これは難しい問題ですが、私は「どんなに使っても無くならないリソース」と考えているのではないかと予想しました。
高山萌は強い女です。能力の高さもありますが、他人への気遣いも出来る女です。今はまだお節介というレベルで済んでいますが、仮に吉岡るるや小町ちゃんがピンチに陥った時、自分を犠牲にすれば助けられるとしたら、喜んで助けるのではないでしょうか。高山萌とはそういう女だと思います。
高山萌にとって他人とは何でしょうか。私は「自分とは違う守るべきもの」と予想します。勿論、優先順位はあるでしょうが(小町ちゃんと吉岡るるだったら間違いなく吉岡るるを取る筈)、基本的に高山萌は他人を傷つけるようなことはしません。それは彼女の優しさでもありますが、同時に一線を引いているとも言えます。根っこの部分で、実は高山萌は他人を拒絶してるのではないか、そんな気がしてならないのです。これは吉岡るるに対してもそうですが、肝心なところで他人に踏み込めない、自分に踏み込ませない、そんな感じがしています。

・高山萌が幸せになるために
高山萌は今は友人たちに囲まれて幸せです。しかし、今後もその幸せは続くでしょうか?
今後の「ななどなどなど」がどんな展開になるのかはそれこそ作者のみぞ知ることです。しかし、私から言えることがあるとすればただ一つ、「変わることを恐れないで」です。世の中の全ての物事は変化していくものです。不変なものなどそうそうありません。それは人の気持ちも例外ではありません。それでも、私たちは人と関わることは止められません。だからどうか、変わることを恐れないで。きっとその先にも、道は続いている筈だから。

以上です。
いかがだったでしょうか?
少しは高山萌という女のことが分かって頂けたでしょうか。
「ななどなどなど」のコミックス2巻は4/27発売です。
是非こちらもチェックしてみて下さいね。

それではまたどこかで会う日まで。
さようなら。